読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし既卒になったらとにかく働こう!貯金30万以上ないとお金はすぐに無くなるぞ。

フリーター

「ああぁ、どうしよう」「ヤ・バ・イ将来が絶望的だ」

って言う内定がまだ出ていない人に今回の記事を書いて行こうと思う。

 

就活に失敗したそこの君まず落ち着こう。

「大丈夫、大丈夫、大丈夫」とにかく焦って自暴自棄になるのではなく心臓の部分に拳を当てて同じ言葉を3回以上言って心をリラックスさせよう。

私も就活に失敗してどうしようもない時この方法で幾度も立ち直りもう一度チャレンジしました。

 

私が就活で失敗した時にやったことについて4つ紹介したいと思う。

1・両親にしっかり今の状況を説明しよう。

大学までしっかり行かせてもらったのだからしっかりと今後の事について話すべきだと私は思う。 これを怠ってしまうと 今後の家族の付き合い方に対して後悔することになる。例えば、3年間家族と全く連絡もとらず一人で生きていくことだ。これは、何としてでも避けたい。

私も最初はなかなか今後のことに話せなくて苦しかったが話したことによって今後の自分に対して強く考えられるようになった。

2・ 金銭面について

就活に失敗した君は今いくら通帳に残っているだろうか?

貯金がしっかりある人もない人もすぐに働くべきであると思う。

フリーターでも契約社員、派遣社員なんでもいいので働こう。

お金は、「あっ」という間に減っていく。

この前までたくさんあったのに気がついたら数百円しかないとか働かなかったらあります。【これは私の実話です(泣)】

 約、40万円以上貯金があれば約2ヶ月間は生きていけると目安として書いておきます。

3・一人暮らしの家について

実家ぐらしは関係ないのだが一人暮らしの人は、問題が起こるのが家だ。

大学から今まで住んでいる家は、契約は住んでいるだろうか?

 契約を更新していないならやっておかないと大変なことになる。すぐに、家を借りた賃貸会社に連絡して手続きを行いましょう。

大学生しか住めない賃貸マンションは、大家さんと交渉してこれからも残れるようにしなければならない場合もあります。実際に私も大学生しか住めない場所でしたが大家さんから日頃から親しくなっていたのでいられることができました。

 

まとめ

 フリーターになったら全てが変わります。

大学生のままではこれからの社会は生きられません。

 この記事で言いたかったのは、「日頃から危機感を持ち親や近隣の人を大事にする」ことです。このことを常に意識しておけば就活の面接の時などにも対処できると思います。

1日でもはやくあなたに内定を取れることを願い今回終わります。質問も随時募集中ですので何かありましたら連絡をください。